ダリア

tel.093-591-3133

ロゴ乳酸菌生産物 善腸とは

乳酸菌生産物質とは、ビフィズス菌をはじめとする善玉菌が、腸内で行っている仕事(乳酸菌生産物質の製造)を、共棲培養という方法で体外で作ったエキスです。
乳酸菌生産物質を取り入れることで自分の腸内の棲んでいる善玉菌が活性化し育つことで腸内環境を良好にします。
東洋医学のでは「肌は内臓の鏡」といい、乾燥肌や吹き出物などの皮膚疾患の治療をする際には腸の治療から始める事が多くみられます。
また、現代医学の分野でも腸内細菌である善玉菌は腸内の環境を整えるほか、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状の緩和にも貢献していることが分かってきています

ロゴ腸内環境のバランスと腸内細菌の働き

わたしたちの健康やお肌は腸の中に住んでいる、善玉菌・日和見菌・悪玉菌の3種類のバランスによって大きく変化します。
ストレス・睡眠不足そして一番の要因といわれている食事などが原因となり悪玉菌の多い腸内環境が増加しているようです。善玉菌の多い腸内環境を保ち、病気や肌トラブルに負けない体をつくっていくことが美と健康のカギだといえるでしょう。

ロゴ乳酸菌生産物 善腸とは

●プロバイオティクス
腸内細菌のバランスを活性化させる生菌や、生菌を含む食品の総称です。代表格は乳酸菌、食品で言えばヨーグルト、キムチ、納豆、醤油、味噌など。残念ながら、生菌は口から摂取してもほとんど腸内にたどり着けません。

●プレバイオティクス
ビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌の増加を助け、善玉菌のエサとなり大腸までたどり着けるのが特徴。代表格は善玉菌のエサになるオリゴ糖。食物繊維(昆布やワカメ・こんにゃく芋や山芋・フルーツなど)水に溶けにくい食物繊維は、善玉菌のエサになりませんが、善玉菌の増殖場所になります。

●バイオジェニックス
バイオジェニクスは直接、生体機能に働きかける点が大きな違いです。バイオジェニックスを摂ることで、腸は腸内環境の状況に左右されず、もっとも効果的に善玉菌を育てることができるのです。

トップへ

ロゴ乳酸菌生産物 善腸とは

免疫力の70%が腸内細菌によって、残りの30%が精神的なものに左右されるといわれています。
いまや国民病といわれているアレルギーも食生活の変化やストレスなどによる、悪玉菌が多い腸内環境によるものだといわれています。
乳酸菌生産物質は、この腸管免疫に驚異的に働きかけてくれるからこそ、年齢や健康にかかわらず成果が期待できるわけです。小腸のパイエル板というところに、リンパ球やマクロファージ(免疫細胞)が、多く集まっています。リンパ球の一部が異物に働く特殊な免疫抗体を作ります。
そして全身の免疫系を指揮し、血液中で作用する抗体を作り健康で美しい体を作ります。

トップへ

ロゴサロンメニュー


ロゴお取扱商品